恍恍惚惚【こうこうこつこつ】 の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
恍恍惚惚

「恍恍忽忽」とも書く。

【読み方】
こうこうこつこつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
心が強く引き付けられて、うっとりとする様子。

【語源・由来】
心を奪われてうっとりするという意味の「恍惚」という言葉を重ねて強調した言葉。


恍恍惚惚(こうこうこつこつ)の使い方

ともこ
健太くん。とてもすごいわね。初来日の絵がこんなにたくさんあるのよ。信じられないわ。
健太
さすがにこれだけの貴重な絵に囲まれると、恍恍惚惚となるね。
ともこ
うっとりしすぎて気絶しそうよ。
健太
おっと。ともこちゃんは体重が重いんだから、運ぶのは大変な重労働。こんなところで倒れないでくれたまえよ。

恍恍惚惚(こうこうこつこつ)の例文

  1. きれいな女性に声をかけられ、健太くんは恍恍惚惚となって、口をあわあわさせていました。
  2. 憧れのアイドルが急に目の前に現れ、話しかけることも出来ず、ただ恍恍惚惚としていました。
  3. その時の僕は、天にも昇る恍恍惚惚とした境地でした。
  4. その景色を眺めていた健太くんは、恍恍惚惚とした表情を浮かべていました。
  5. ともこちゃんを初めて見た時の恍恍惚惚としたこの思いを、どうにかして手紙にして彼女に伝えたいのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事