倚馬七紙【いばしちし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
倚馬七紙

【読み方】
いばしちし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
素晴らしい文章をあっという間に書き上げる才能。「倚馬」は馬の近くにたったままでいること。「七紙」は紙七枚におよぶ長い文章。

【語源・由来】
「世説新語」文学より。中国の晋の時代、哀虎は主君の桓温に布告の文を書くように言われ、馬の前にたったまま、あっという間に紙七枚にわたる名文を書き上げたという故事から。

【類義語】
・倚馬之才(いばのさい)
・万言倚馬(まんげんいば)


倚馬七紙(いばしちし)の使い方

健太
松尾芭蕉とか俳句を詠む人って天才だよね。倚馬七紙というように、すらすら名句を詠むことが出来るんだから。
ともこ
本当よね。何でも記録することが出来る現代人は、表現力でカメラもテレビもなかった時代の人には、かなわないって聞いたことがあるわ。
健太
そうだよね。心で記憶するしかないもんね。
ともこ
刹那の美しさや感動を歌に残したんでしょうね。

倚馬七紙(いばしちし)の例文

  1. 歴史小説を書いている朝井まかてさんは、倚馬七紙、新刊を出す間隔がとても短いのにおもしろいのです。
  2. 倚馬七紙、和泉式部の娘、小式部内侍は即興で和歌を詠んだ天才という逸話があります。
  3. 倚馬七紙、一時間で仕上げた読書感想文が入賞しました。
  4. 倚馬七紙、彼女は売れっ子漫画家で、連載を三つも抱えているのに、締め切りを破ったことがありません
  5. 倚馬七紙、昨日、急いで書いた母の日の作文を授業参観で読んだら、みんな号泣しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事