王楊盧駱【おうようろらく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
王楊盧駱

【読み方】
おうようろらく

【意味】
初唐の四人の詩の大家。

【語源・由来】
「王勃」「楊炯」「盧照鄰」「駱賓王」。いずれも唐代初期の人で近体詩の確立に貢献した詩の巨匠。

【典拠・出典】
旧唐書』「楊炯伝」

【類義語】
・初唐四傑(しょとうのしけつ)


王楊盧駱(おうようろらく)の使い方

健太
ともこちゃん。この詩、上手だねえ。
ともこ
そうかしら?夏休み中に自由課題としてつくったのよ。
健太
これいいよ。王楊盧駱に負けていないよ。
ともこ
ええーっ?そんなに?だって、王勃、楊炯、盧照鄰、駱賓王よ。さすがにかなわないわよ。

王楊盧駱(おうようろらく)の例文

  1. 王楊盧駱、谷川俊太郎さんは、日本の近代の詩人の四傑に入ると思います。
  2. 王楊盧駱、彼女の創る詩は、彼ら四人に続き、五人目に名を連ねても良いくらいのレベルにあると思います。
  3. 王楊盧駱、彼らの詩は、人間が滅びるまで残り、語り継がれるでしょう。
  4. 王楊盧駱、あの歴史に名を残した四人のような偉大な詩人になりたいのです。
  5. 王楊盧駱、四人の偉大な詩人の意思をたくさんの人が継いで、今、詩人である僕がここに居ます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索