蛟竜毒蛇【こうりょうどくだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
蛟竜毒蛇

【読み方】
こうりょうどくだ

「こうりゅうどくだ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
不気味で恐ろしいもののたとえ。

【語源・由来】
「蛟竜」はみずちと竜のこと。「蛟」は竜の一種で、大水を起こすとされる想像上の動物のこと。「毒蛇」は人に危害を与える毒を持った蛇のこと。

【類義語】
・魑魅魍魎(ちみもうりょう)

【スポンサーリンク】

蛟竜毒蛇(こうりょうどくだ)の使い方

健太
ともこちゃん。うわさで聞いたんだけど、町のはずれのあの洋館には蛟竜毒蛇がいるらしいよ。
ともこ
ええっ。本当に?私のおじさんがあの洋館を買ったんだけど。
健太
そうだったの?おじさん、呪われたりしないかなあ。
ともこ
こわいこと言わないでよ。

蛟竜毒蛇(こうりょうどくだ)の例文

  1. この画家が描く絵は、蛟竜毒蛇なものが多い。
  2. 僕にとって理科室の人体模型は、蛟竜毒蛇で、理科室は足を踏み入れたくない場所でした。
  3. 私の学校には、蛟竜毒蛇な七不思議が代々語り継がれています。
  4. テントウムシは大きくなるとかわいいのに、幼虫の間は蛟竜毒蛇だと思うんです。
  5. お化けの存在を信じていないけれども、夜の墓場には蛟竜毒蛇がいそうでこわい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事