宏壮豪宕【こうそうごうとう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
宏壮豪宕

【読み方】
こうそうごうとう

【意味】
意気盛んで気持ちが大きく、小さなことにこだわらないで思うままに振る舞うこと。

「宏壮」は、広く大きいこと。「豪宕」は、気持ちが大きく、小さなことにこだわらないこと。「豪」は、ここでは、すぐれる。「宕」は、ひろい。

【類義語】
・豪快奔放(ごうかいほんぽう)
・剛毅果断(ごうきかだん)
・豪胆無比(ごうたんむひ)
・大胆不敵(だいたんふてき)
・大胆奔放(だいたんほんぽう)


宏壮豪宕(こうそうごうとう)の使い方

健太
僕が生徒会長になるなんて・・・。ともこちゃんがなればいいのに。
ともこ
心配しなくても健太くんならばできるわよ。
健太
そうかなあ。心配だなあ。
ともこ
宏壮豪宕にやればいいのよ。そうすれば、何とかなるものよ。

宏壮豪宕(こうそうごうとう)の例文

  1. 宏壮豪宕健太くんは、ついていきますと思えるリーダーだ。
  2. ともこちゃんは宏壮豪宕なので、後輩たちから先輩ではなく姐さんと呼ばれている。
  3. ケセラセラとは、宏壮豪宕な健太くんのための言葉だな。
  4. 成功体験のおかげで自信が付いた健太くんは、宏壮豪宕で、いい顔をするようになった。
  5. 良い文章を書こうと頭で考えるからダメなんだ、宏壮豪宕に、とにかく思うがまま書いてみればいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事