高枕無憂【こうちんむゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
高枕無憂

【読み方】
こうちんむゆう

「枕を高くして憂い無し」とも読む。

【意味】
枕を高くして何の心配もなく安らかに眠ること。

「高枕」は枕を高くすること。「無憂」は、悲しみや不安、悩みや心配事などの心を暗くする要素が全く無いこと。

【語源・由来】
『戦国策』「魏策」


高枕無憂(こうちんむゆう)の使い方

健太
ああ。来週からテストかあ。早く終わって高枕無憂したいなあ。
ともこ
普段から勉強をしていれば、いつでも高枕無憂することができるのよ。
健太
ともこちゃんは、いつでも高枕無憂
ともこ
勉強が不安で眠れないってことはないわね。

高枕無憂(こうちんむゆう)の例文

  1. 健太くんは、空手部部長の座を後輩に譲り、ようやく肩の荷が下り高枕無憂できる。
  2. ともこちゃんは、母の手術が無事成功し、高枕無憂、不安で眠れなかった日々とさよならだ。
  3. 独立起業した健太くんは、これで首になる恐怖から解放され、高枕無憂の毎日だと喜んだ。
  4. 高枕無憂するために、不安材料を根絶しようと思います。
  5. ともこちゃんは美容のために、高枕無憂であることが大事と考え、心配事のほとんどは起こらない、ゆえに心配する必要はないと信じることにした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事