噬指棄薪【ぜいしきしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
噬指棄薪

【読み方】
ぜいしきしん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
母と子の気持ちが通じあうこと。

【語源・由来】
『白孔六帖』「孝・嚙指」より。「噬指」は指をかむこと。「棄薪」はたきぎをほうり出すこと。後漢の蔡順は日ごろから母に孝行を尽くしていた。蔡順がたきぎをとりに行った留守の間に来客があり、母親が困って自分の指をかむと、その気持ちが蔡順に通じて、たきぎをすてて帰ってきたという故事から。類似の説話に春秋時代の曾参に関するものがある。

【類義語】
・齧指痛心(げっしつうしん)


噬指棄薪(ぜいしきしん)の使い方

ともこ
お姉ちゃんに赤ちゃんが生まれたんだけど、噬指棄薪って本当なのね。言葉を話さなくても以心伝心なのよ。
健太
へえ。不思議だねえ。
ともこ
赤ちゃんが泣くと何で泣いているのかわかるし、お姉ちゃんの感情を赤ちゃんも感じ取っているし、親子の絆ってすごいなって思ったのよ。
健太
生命は神秘だね。

噬指棄薪(ぜいしきしん)の例文

  1. 母の日にエプロンが欲しいなと思っていたら、まさに噬指棄薪、子供がプレゼントしてくれました。
  2. 噬指棄薪というように、親の不安は子供に伝わり、情緒不安定になります。
  3. 健太くんとお母さんは噬指棄薪なので、晩御飯に食べたいもの作りたいものが一致します。
  4. こっそりケーキを食べていたら、子供が台所にやってきたので噬指棄薪って本当だ。
  5. 噬指棄薪というけれど、胸騒ぎがしたので帰省したら、母が病に倒れていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事