君恩海壑【くんおんかいがく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
君恩海壑

【読み方】
くんおんかいがく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
君主から受けた恩は、海や谷のように深いこと。

【語源・由来】
「君恩」は君主からの恩。「海壑」は海と谷。海や谷のように深い恩ということから。


君恩海壑(くんおんかいがく)の使い方

健太
先生の奥さんが入院中していて、先生は、毎日、家事と仕事で大変なんだって。
ともこ
それは大変そうね。今こそ、健太くんが受けた多大なる恩に報いるときね。
健太
そうだね。先生だけは、成績が悪い僕を見捨てずに温かい目で見守ってくれたんだ。先生から受けた恩は君恩海壑だ。
ともこ
先生に、何か手伝えることが無いか聞いてみましょうよ。

君恩海壑(くんおんかいがく)の例文

  1. お世話になった退職する上司に君恩海壑、深く感謝していますと伝えました。
  2. 君恩海壑、先生の厳しい指導のおかげで忍耐力が付きました。
  3. 君恩海壑、先生がいなかったら、今の僕はないといっても過言ではないでしょう。
  4. 君恩海壑、先生が僕の能力を見出し、このオリンピックという大舞台まで連れて来てくれたと思っています。
  5. 君恩海壑、上司からは一生かかっても返しきれない恩を受けました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事