九品蓮台【くほんれんだい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
九品蓮台

【読み方】
くほんれんだい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
生前の行いによって九等級に分かれるとされており、極楽浄土に往生した者が座る蓮(はす)でできた台のこと。

【類義語】
・九品之台(くほんのうてな)


九品蓮台(くほんれんだい)の使い方

ともこ
健太くん。勉強を怠って、遊んでばかりいると、九品蓮台の一番下、下品下生の地獄落ちよ。
健太
どうせ死んでから地獄に行くなら、生きている間は楽しみたいな。
ともこ
救いようのない人ねえ。
健太
今が良ければすべて良し!人生楽しもう!

九品蓮台(くほんれんだい)の例文

  1. ともこちゃんほど清い心をもつ少女なら、九品蓮台の最上位に生まれ出ることが出来るでしょう。
  2. 大乗をおさめた人のところには、往生の際、九品蓮台のうち華やかな乗り物で華やかなメンバーがお迎えに来てくれます。
  3. 九品蓮台のなかで下品下生、金蓮華に乗る人は、悪をなした人なので、仏様のお迎えはありません。
  4. 九品蓮台とは臨終のときに乗る乗り物のことで、お念仏を唱えることで上位の乗り物に乗ることが出来ます。
  5. 生きている間もランクや階級に苦しんだのに、死後も九品蓮台というランク分けがあるなんて大変な話です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事