薑桂之性【きょうけいのせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
薑桂之性

【読み方】
きょうけいのせい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
年老いて、さらに剛直になることのたとえ。または、人の性格は簡単には変わらないということ。「薑」は生姜のこと。「桂」は肉桂のこと。
生姜も肉桂も、古いものほど辛くなっていくということから。

【語源・由来】
「宋史」晏敦復伝より。


薑桂之性(きょうけいのせい)の使い方

健太
僕のおじいちゃんは、がんこで、電車で席を譲られても、儂はそんな歳ではないって言って断るんだ。
ともこ
あはは。昔からがんこだったけど薑桂之性ね。ますます磨きがかかってきたわね。
健太
本当だよ。席を譲ろうとしてくれた人に申し訳ないよ。
ともこ
まあ。頭も足腰もしっかりしていて元気なんだからいいじゃないの。

薑桂之性(きょうけいのせい)の例文

  1. 父は歳を取って、丸くなるどころか薑桂之性、さらに頑なになりました。
  2. 70歳の時に同窓会で、薑桂之性というけれども、君はますます頑固になっていくなと友人に言われました。
  3. 薑桂之性というが、叔母の話では、父は昔からこんな性格だったらしい。
  4. 薑桂之性というけれど、父は歳を経るほどに頑固になるが、私もこうなるのだろうか。
  5. 薑桂之性というか、三つ子の魂百までというか、人の性質というものは簡単には変わらない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事