魚網鴻離【ぎょもうこうり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
魚網鴻離

【読み方】
ぎょもうこうり

【意味】
欲しいものが手に入らず、欲しいと思っていないものが手に入ることのたとえ。

【語源・由来】
「詩経」より。「鴻」は鳥の雁のこと。「離」は網にかかること。魚を取るために網に魚がかからず雁がかかるということから。

【スポンサーリンク】

魚網鴻離(ぎょもうこうり)の使い方

健太
ともこちゃん。昨日、懸賞に当選して景品が届いたんだよ。
ともこ
それはすごいわね。私は懸賞に応募して当たったことがないわよ。
健太
うん。でも、魚網鴻離だったんだ。アイドルの直筆サインが欲しかったのに、当たったのは分厚い辞書だったんだ・・・。
ともこ
それは、もっと勉強しなさいっていう神様からの指示ね。

魚網鴻離(ぎょもうこうり)の例文

  1. 網を仕掛けて置いたら、魚網鴻離、ウナギではなく大量のザリガニが捕れました。
  2. 強盗犯を捕まえるために検問をしていたら、魚網鴻離、警察署長の息子の飲酒運転を検挙してしまいました。
  3. アイドルの原石を見つけたいのに、魚網鴻離、清純派ではなく個性的な顔の子ばかり見つかりました。
  4. ダイヤモンドを採掘しにきたけれども、魚網鴻離、エメラルドしか見つからなかったんです。
  5. 引越しをする友人に、不要なら冷蔵庫がほしいと伝えておいたのに、魚網鴻離、くれたのは掃除機でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事