狐死首丘【こししゅきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
狐死首丘

【読み方】
こししゅきゅう

【意味】
生まれ育った地を忘れないことのたとえ。または、物事の根本を忘れないことのたとえ。「狐死して丘に首す」とも読む。

【語源・由来】
「礼記」檀弓・上より。狐は、死ぬときに生まれ育った丘に頭を向けて死ぬといわれていることから。

【類義語】
・越鳥南枝(えっちょうなんし)
・胡馬北風(こばほくふう)
・池魚故淵(ちぎょこえん)

【スポンサーリンク】

狐死首丘(こししゅきゅう)の使い方

健太
生まれ育った土地って特別だよね。
ともこ
そうね。私は大きくなったら海外で仕事をしたいと思っているけれども、きっと狐死首丘、日本を恋しく思うでしょうね。
健太
僕も、この土地を出ることになってもまたいつか戻ってくる気がするよ。
ともこ
戻ってくるときは、故郷に錦を飾りたいわね。

狐死首丘(こししゅきゅう)の例文

  1. 都会で毎日忙しくしているけれども、狐死首丘、いつも心に田舎の故郷があります。
  2. 狐死首丘、夏の甲子園では、いつも生まれ育った土地の高校を応援してしまいます。
  3. 狐死首丘の感からなのか、テレビに故郷が映っているとテンションが上がります。
  4. 雨の多い土地だったので、狐死首丘、雨が降るたびに故郷を思い出します。
  5. 狐死首丘、故郷から離れていても、夢の中ではいつも故郷にいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事