迷悟一如【めいごいちにょ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
迷悟一如

【読み方】
めいごいちにょ

日本漢字能力検定
2級

【意味】
仏教で、迷いというも、悟りというも、たどりつくところは一つであるということ。迷いとか悟りとかにこだわる必要はないという意。


迷悟一如(めいごいちにょ)の使い方

健太
うーん。迷うなあ。どうすればいいのかな?
ともこ
迷悟一如というじゃないの。やると決めたのなら、まずはやってみればいいのよ。
健太
行き当たりばったりな感じで大丈夫なのかな?
ともこ
大丈夫よ。迷いも悟りも一緒よ。やっていくうちに迷いは晴れて、一つのゴールにたどり着くわよ。

迷悟一如(めいごいちにょ)の例文

  1. 思春期のころは悩むことが仕事のようなものだけれども、迷悟一如、やってから悩んでみてもいいんじゃないかな。
  2. 迷悟一如というように、迷いと全体を見て判断する力を併せ持った存在が人間なのです。
  3. 野生の動物を見てごらん、迷悟一如というように、迷いも悟りもなくただひたすらに生きている。
  4. 迷いも悟りも関係ない、迷悟一如、あるのは目指すべきゴールだけです。
  5. ふと立ちどまって迷うことがあっても、迷悟一如というように、一つのことに向かって突き進み続ければいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事