金友玉昆【きんゆうぎょっこん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
金友玉昆

【読み方】
きんゆうぎょっこん

日本漢字能力検定
2級

【意味】
すぐれた才能や学識のある兄弟のこと。他人の兄弟をほめる時に使う言葉。

【語源・由来】
「金」と「玉」は宝石と黄金のことで、どちらもすぐれているものを言い表す。「友」と「昆」は兄と弟のことで、兄弟を言い表す言葉。

【類義語】
・玉昆金友(ぎょっこんきんゆう)


金友玉昆(きんゆうぎょっこん)の使い方

ともこ
健太くんもお兄さんも空手の全国大会に出場した経験があるのよね。
健太
そうだよ。兄さんは、今、オリンピックを目指して頑張っているよ。
ともこ
空手界の金友玉昆よね。
健太
兄弟そろってオリンピックに出場できたらいいな。

金友玉昆(きんゆうぎょっこん)の例文

  1. あそこの兄弟は、どちらもアイドルのような顔立ちで金友玉昆として知られています。
  2. 隣の家の三兄弟は、三人そろって東大に進学した金友玉昆です。
  3. 兄の方も優秀だったけど、弟もすごい才能、金友玉昆だなあ。
  4. 彼に、お宅のお子さんたちは、金友玉昆でうらやましいですと言ったら、何々、愚息ばかりですよと言いました。
  5. 兄はノーベル賞を受賞し、弟はオリンピックで金メダルをとり、世界で活躍するなんて金友玉昆です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事