立錐之地【りっすいのち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
立錐之地

【読み方】
りっすいのち

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
とがった錐をやっとたてることができるほどのごく狭い土地。

【語源・由来】
『呂氏春秋』「為欲」より。「錐」は板などに穴をあける道具、きり。一般には「立錐の余地もない」と使うことが多い。

【類義語】
・立錐之土(りっすいのど)
・置錐之地(ちすいのち)


立錐之地(りっすいのち)の使い方

健太
ともこちゃん。これはひどいね。立錐之地なき人込みだね。
ともこ
うーん。これはつらい。やっぱり都会は人口密度が違うわね。
健太
おしくらまんじゅうをしているみたいだ。目が回りそうだよ。
ともこ
はやく用事を終わらせて、人が少ないところに向かいましょうよ。

立錐之地(りっすいのち)の例文

  1. ゆっくり行っても席は空いているだろうと高をくくっていたら、立錐之地もない盛況ぶりでした。
  2. 平日はガラガラで閑散としているのに、土日になると立錐之地もない。
  3. 立錐之地もなく、すりの被害が多発していたので、警察が出動しました。
  4. 立錐之地もない状態で、全然ステージが見えませんでした。
  5. 雨の日のバスは、立錐之地もない混雑で、酸欠で倒れそうになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事