「四字熟語」のLINEスタンプ発売中♪

明朗闊達【めいろうかったつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

明朗闊達

明朗闊達の意味(語源由来・類義語)

意味

【四字熟語】
明朗闊達

【読み方】
めいろうかったつ

【意味】
明るくほがらかで、細事にこだわらないさま。

四字熟語の博士
「明朗闊達」の意味はね、明るく元気で、些細なことにくよくよしないということを指しているんだよ。
小さな問題にとらわれず、広い視野で物事を考え、行動する人のことを表現しているんだ。
助手ねこ
なるほど、それってつまり、「いつでもニコニコしてて、細かいことには気にせん」ってことかいな。
ちょっとしたことで悩むんじゃなくて、全体を見渡して物事を考えるんやな。
これは、「ポジティブで広い視野を持つ大切さ」を教えてくれる言葉なんやな。

【語源・由来】
「明朗」は明るくてほがらかなさま。「闊達」は心が大きく、小さな事にこだわらないさま。

【典拠・出典】

【類義語】
・闊達明朗(かったつめいろう)
明朗快活(めいろうかいかつ)

明朗闊達(めいろうかったつ)の解説

カンタン!解説
解説

「明朗闊達」っていうのは、すごく明るくて楽しい人、そして細かいことにはあまりこだわらない、大らかな人のことを表すんだよ。

「明朗」っていうのは、ちょうど「明るい」っていう意味で、「闊達」っていうのは、大きな心を持ってて、小さなことにはくよくよしない、そんな感じを表してるんだよ。

この言葉、たまに「闊達明朗かったつめいろう」って逆に言うこともあるんだ。「闊」っていう字は、「豁」って書くこともあるよ。

例えば、「彼は明朗闊達な青年だ」って言うと、その人がすごく明るくて、細かいことを気にしない、すごく大らかな青年っていう意味になるんだよ。

明朗闊達(めいろうかったつ)の使い方

健太
ともこちゃんは明朗闊達で人気があるから、生徒会役員にぴったりだよ。
ともこ
そう思う?今回生徒会役員に立候補しようと思っているの。
健太
それは良い案だね。先生からの評価もいいし、きっと素敵な学校になるんじゃないかな。
ともこ
ありがとう。がんばるわ。

明朗闊達(めいろうかったつ)の例文

例文
  1. 健太くんは、みんながほれぼれとするような明朗闊達な少年です。
  2. ともこちゃんはいたって明朗闊達な性格で、およそ、こんな大勢の前だからって、あがりそうなタイプとは見えなかった。
  3. 彼女は、じめついた女性ではなく、鼻っ柱も強くて面倒見もいい、明朗闊達な性格の持ち主だった。
  4. 日ごろの明朗闊達な表情はどこへやら、ともこちゃんは、怒りで鬼のようにすさまじい形相だ。
  5. 受付の女性は、明朗闊達な受け答えをしました。

明朗闊達の文学作品などの用例

  1. 「ええ、これから防空演習の件について、いささか申し上げます」と、その声はまた明朗闊達であつた。〈原民喜壊滅の序曲

【2023年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索



error: 右クリックは無効です。