明朗快活【めいろうかいかつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
明朗快活

【読み方】
めいろうかいかつ

【意味】
明るく元気であるさま。

【語源・由来】
「明朗」も「快活」も、朗らかで元気のあるさまを意味する表現。「明朗」は、「明朗会計」のように、後ろ暗いところがないさまも表す。

【スポンサーリンク】

明朗快活(めいろうかいかつ)の使い方

健太
ともこちゃんはいつでも明朗快活だねえ。
ともこ
そんなことないわ。私だって落ち込むことはあるわ。だって女の子だもん。
健太
そうなの?いつも笑顔でいるところしか見たことが無いなあ。
ともこ
みんなに心配かけない様に見えないところで泣いているのよ。

明朗快活(めいろうかいかつ)の例文

  1. ともこちゃんは明朗快活で、彼女がいるだけでクラスの雰囲気が明るくなります。
  2. 健太くんは、本来もっと明朗快活な男の子だったのに、最近、どうしたことか暗い顔をしています。
  3. ともこちゃんは、明朗快活な性格で誰からも好かれています。
  4. 喫茶店に入ると、カウンターをふいていた女性が顔を上げ、明朗快活な表情で客の私を迎えてくれました。
  5. ともこちゃんは、さすが元客室乗務員なだけあって、明朗快活、背筋はピンと伸び、とても美しい女性です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事