紆余委蛇【うよいだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
紆余委蛇

【読み方】
うよいだ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
山や林などがうねうねと屈曲しながら長く続くさま。

【語源・由来】
司馬相如「上林賦」より。

【類義語】
・蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)


紆余委蛇(うよいだ)の使い方

健太
この前、家族で山の方にバスツアーに行ったんだけど、ものすごい紆余委蛇で、三回も吐いてしまったよ。
ともこ
それは大変だったわね。旅は楽しめたの?
健太
全然楽しくなかったよ。現地の名物だっていうお昼ご飯も吐いてしまったし。つらかった。
ともこ
次は山じゃなくて平地にしたらいいわね。

紆余委蛇(うよいだ)の例文

  1. ペーパードライバーの僕には、紆余委蛇の道を運転するのはとても怖かったです。
  2. 何でここの道は、両側に谷があるわけでもない、林しかないのに、紆余委蛇な道なんでしょうね。
  3. この紆余委蛇の道を上り切ったところに、僕の別荘があるんです。
  4. 紆余委蛇の道が続くので、事故が起きやすいポイントです。
  5. 道が、紆余委蛇である上に、森から動物が飛び出すこともあるので注意してください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事