隋珠和璧【ずいしゅかへき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
隋珠和璧

「隋珠」は「随珠」とも書く。

【読み方】
ずいしゅかへき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
この世にまたとない貴重な宝物。この世の至宝ともいうべき宝玉。

【語源・由来】
『淮南子』「覧冥訓」より。「隋珠」は随侯が助けた大蛇から贈られた宝玉。「和璧」は楚の卞和(べんか)が山中で見つけた貴重な宝玉の原石。

【類義語】
・和氏之璧(かしのへき)
・随侯之珠(ずいこうのたま)
・隋和之材(ずいかのざい)
・隋和之宝(ずいかのたから)


隋珠和璧(ずいしゅかへき)の使い方

健太
ともこちゃん。今、デパートの宝石売り場に隋珠和璧が展示されているんだって。
ともこ
へえ。見てみたいわ。
健太
すごい人だかりで人の頭しか見えないくらい人気だそうだよ。
ともこ
いつの時代も隋珠和璧は人々を魅了してやまないのね。

隋珠和璧(ずいしゅかへき)の例文

  1. 隋珠和璧を集めた至宝展が開催されています。
  2. 我が家には隋珠和璧というべき物はないけれども、家族が宝だと思っています。
  3. 隋珠和璧を身につけて写真を撮ろうというイベントに参加しましたが、数億円の宝石を前に緊張してよく覚えていません。
  4. 兄は、隋珠和璧を探して一山当てるぞと言ってアフリカに旅立ちました。
  5. 徳川家が隠した隋珠和璧がまだどこかに隠されていると言われています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事