名誉毀損【めいよきそん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
名誉棄損

【読み方】
めいよきそん

【意味】
他人の名誉を傷つけること。法律用語で、人の能力や品性などの社会的な評価を侵害して引き下げることをいう。


名誉棄損(めいよきそん)の使い方

健太
この前、ファミリーレストランで、客が店員に土下座させて暴言を吐いていたんだよ。
ともこ
ええっ。それはひどいわね。いくらなんでもやりすぎだわ。
健太
そうなんだ。それを見ていた兄さんが、一連の客の行動を動画にとって、店員に名誉棄損で訴えるように勧めたんだ。
ともこ
裁判でその客をしっかり罰してもらえると良いわね。

名誉棄損(めいよきそん)の例文

  1. 人を馬鹿にした発言を繰り返していると、いつか名誉棄損で訴えられることになるぞ
  2. インターネットの普及により、これまでなかったネット上の書込み、SNSによる拡散による名誉棄損が深刻化しています。
  3. 離婚の経緯を執筆した夫を名誉棄損で訴えました。
  4. 私的なトラブルを週刊誌に書かれ、名誉棄損で訴え勝訴しました。
  5. 某新聞社の人物をモデルにした小説が、容易に人物を特定でき、ある記述が社会的評価を低下させたとして名誉棄損で訴えられました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事