名誉棄損【めいよきそん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
名誉棄損

【読み方】
めいよきそん

【意味】
不当に他人の評価をおとしめたり、体面をつぶしたりすること。

「名誉」は、よい評判。名声、また、体面。世間体。「毀損」は、きずつけること。「毀」は、こわす。

名誉棄損(めいよきそん)の使い方

健太
校内新聞に、事実じゃない噂が載せられたんだ。
ともこ
名誉棄損で訴えたら?
健太
校内新聞は誰に訴えたらいいの?
ともこ
校長先生かしらね。

名誉棄損(めいよきそん)の例文

  1. 健太くんは、名誉棄損で逮捕されたが、先日釈放された。
  2. 他人の子供の写真を「アホ代表」としてインターネット上に書き込んだ男が名誉棄損で逮捕された。
  3. 名誉棄損として、1億円の損害賠償を請求した。
  4. 死者の名誉棄損は、法律では罰せられないことになっている。
  5. SNSで、匿名だからと言って悪口を書くと、名誉棄損に該当することがある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事