猫鼠同眠【びょうそどうみん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
猫鼠同眠

【読み方】
びょうそどうみん

【意味】
悪事を働く人と、それを取り締まる人が示し合わせて事を運ぶこと。または、上の立場の人と、下の立場の人が共謀して悪事を働くこと。

【語源・由来】
「新唐書」五行志より。猫と鼠が共に眠るという意味から。

【類義語】
猫鼠同処(びょうそどうしょ)

【スポンサーリンク】

猫鼠同眠(びょうそどうみん)の使い方

健太
警察が、泥棒と猫鼠同眠していたんだって。びっくりしたよ。
ともこ
ええ。ニュースで聞いたわ。警察が犯罪を見逃してあげるだなんて、正義の味方にあるまじき行為よね。
健太
警察が僕たち国民の敵だと何を信じていいかわからないね。
ともこ
不信が募ると世の中が乱れるわよね。

猫鼠同眠(びょうそどうみん)の例文

  1. 部長と社員が猫鼠同眠して会社のお金を横領していたようです。
  2. 厚生労働省の役人と製薬会社が猫鼠同眠すると、危険な薬が世の中に出回ります。
  3. 調査員と企業が猫鼠同眠して、検査をすり抜けさせたようです。
  4. 政治家が企業からの接待を受け、猫鼠同眠して、自分たちに都合がいい法律を作っています。
  5. 大学と文部科学省が猫鼠同眠して、裏口入学を斡旋していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事