玉石混交【ぎょくせきこんこう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
玉石混交

【読み方】
ぎょくせきこんこう

【意味】
宝石が石ころにまじっていて見分けにくいことから、優れたものと劣ったものが一緒にまじっているさま。
「玉石」は宝石と石のことから、優れている人と劣った人、または、良いものと悪いもののたとえ。「混淆」は様々なものが入り混じること。

【語源・由来】
「抱朴子」外編より。

【類義語】
玉石雑糅(ぎょくせきざつじゅう)
玉石同架(ぎょくせきどうか)
玉石同匱(ぎょくせきどうき)
種種雑多(しゅじゅざった)

【対義語】

【英語訳】
mixture of wheat and chaff

【スポンサーリンク】

玉石混交(ぎょくせきこんこう)の使い方

健太
同じバニラアイスクリームでも、玉石混交で様々なものがあるよね。
ともこ
そうね。私は、やっぱり、あの人気メーカーのバニラアイスクリームが一番好きだし、他の物は買わないわ。
健太
アイスにもラクトアイスとアイスクリームがあるのことを知っている?
ともこ
知っているわ!乳脂肪分の違いよね。私は断然アイスクリーム派よ。ラクトアイスはコストパフォーマンスがいいけれど、満足できないわ。

玉石混交(ぎょくせきこんこう)の例文

  1. 玉石混交の意見の中から、優れたものだけを選び出すためには、豊かな経験と知識が必要なのである。
  2. 山岳地帯のバザールの店先には、日常の雑器と一緒に珍重されるべき宝石も並べられていて、まさに玉石混交といったところで、一日中見ていても飽きない。
  3. 玉石混交の作品の中から、これといった作品を選び出すのは、なかなか至難の業なのですが、将来有望な若手の作品に出会えると、とてもうれしいのです。
  4. このホールには、世界中から集められた玉石混交な工芸品が、所狭しと並べられている。
  5. 彼のシリーズに影響を受けた小説は多いが、優れたものから単なる模倣に過ぎないものまで、玉石混交である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事