免許皆伝【めんきょかいでん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
免許皆伝

【読み方】
めんきょかいでん

【意味】
武術や芸術の技術の全てを、師匠が弟子に伝えること。「皆伝」は師匠が武術や技芸の全てを伝えること。


免許皆伝(めんきょかいでん)の使い方

ともこ
健太くん。とうとう茶道で免許皆伝を受けたのよ。
健太
本当に?おめでとう。頑張ってお稽古にはげんでいたもんね。
ともこ
ええ。頑張り続けて良かったわ。今度、桜の木の下でお抹茶を飲みましょうよ。
健太
いいねえ。おいしい和菓子を買ってくるね。

免許皆伝(めんきょかいでん)の例文

  1. 社内研修で免許皆伝した人だけが、店内の厨房でドーナッツを作ることを許されるから、ここのドーナッツはおいしいのよ。
  2. 免許皆伝の書には何が書いてあるのか、長い間気になっていたのですが、免許皆伝を受け、早速開いて見ると切磋琢磨と書いてありました。
  3. 弟子の中で一番時間がかかりましたが、ようやく免許皆伝をうけることができました。
  4. 免許皆伝のための卒業試験が明日あるので、とても緊張しています。
  5. このゲームでは10種類の課題を達成することで、免許皆伝を目指すモードに進むことが出来るようになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事