面従後言【めんじゅうこうげん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
面従後言

【読み方】
めんじゅうこうげん

【意味】
直接目の前にいる時は気に入られるように振る舞い、その人がいないところでは、その人のことを悪く言うこと。

【語源・由来】
「書経」益稷より。

【類義語】
・面従背毀(めんじゅうはいき)
・面従腹背(めんじゅうふくはい)
・面従腹誹(めんじゅうふくひ)


面従後言(めんじゅうこうげん)の使い方

健太
僕はクラスメイトの彼が嫌いだ。
ともこ
どうしたの?健太くんが人の事を悪く言うなんて珍しいわね。
健太
彼は、面従後言なんだよ。先生の前ではおべっかを使うのに、生徒の前では先生の文句を言っているんだ。
ともこ
そういう子はよくいるわよね。気にしないことが一番だと思うわ。

面従後言(めんじゅうこうげん)の例文

  1. 面従後言を控えていただき、言いたいことは直接僕に言ってください。
  2. 普段はともこちゃんに媚びているのに、陰では文句を言うなんて、面従後言で最低だな。
  3. 彼女は、面従後言で、ママ友の輪から外されました。
  4. 面従後言されるような上司になりたくない。
  5. 面従後言しなくてもいいように、意見を言いやすい雰囲気を作るようにしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事