未練未酌【みれんみしゃく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
未練未酌

【読み方】
みれんみしゃく

【意味】
同情したり斟酌 (しんしゃく) したりすること。多く、打消しの語を伴って用いる。


未練未酌(みれんみしゃく)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みの宿題が終わらない憐れな僕に救いの手を。
ともこ
自業自得よ。
健太
未練未酌がないなあ。
ともこ
毎年毎年助けると思ったら大間違いよ。

未練未酌(みれんみしゃく)の例文

  1. 健太くんのお父さんは、健太くんに未練未酌なく鉄拳制裁しました。
  2. 体育会系は厳しく、先輩が後輩を未練未酌なく打ちつけることもあります。
  3. 未練未酌なく、契約を打ち切りました。
  4. 未練未酌なく社員をくびにできるような人間しか上に立つことはできない。
  5. 時間がないので、未練未酌なくどんどん落としていって、最終候補を搾りましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事