孟母三遷【もうぼさんせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
孟母三遷

【読み方】
もうぼさんせん

【意味】
子どもは周りの影響を受けやすいので、子どもの教育には環境を整えることが大事であるということ。

「孟母」は孟子の母親。「三遷」は三度転居すること。

【語源・由来】
「列女伝」鄒孟軻母より。孟子の母親は、孟子への悪い影響を避けるため墓地の近くから市場の近くに引っ越し、さらに学校に近くに引っ越した。その結果、孟子は勉学に励み偉大な儒者になったという故事から。

【類義語】
・孟母三居(もうぼさんきょ)

【スポンサーリンク】

孟母三遷(もうぼさんせん)の使い方

健太
僕は幼稚園の頃、なかなか僕に合う幼稚園が見つからなくて、母さんの判断で孟母三遷したんだよ。
ともこ
へえ。大切に思われていたのね。
健太
そうなんだ。それで、三度目の幼稚園が僕にぴったりで、しかもそこでともこちゃんと出会ったってわけだよ。
ともこ
あら。孟母三遷のせいで私は健太くんと出会ったわけね。

孟母三遷(もうぼさんせん)の例文

  1. この学校に入学するために、孟母三遷してくる親が後を絶ちません。
  2. 交通事故から子供を守りたいという両親の意向で、学校の前の物件に孟母三遷しました。
  3. 自然豊かなところで育てたいという母の意向で、ここに孟母三遷しました。
  4. 幼稚園から大学まで進学できる学校で、伸び伸びと育ってほしいという母の思いから、この学校の近くに孟母三遷しました。
  5. 公立の中でも特に人気がある学区に孟母三遷しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事