酔生夢死【すいせいむし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
酔生夢死

【読み方】
すいせいむし

【意味】
価値のあることをなにもせず、ただぼんやりと一生を過ごすこと。人生をむだに送ること。
酒に酔ったように、ぼんやりと生き、夢の中にいるような心地で死んでいく。生きている意味を自覚することなく一生を終えること。

「酔生夢死の人生」などと表現する。
「夢」を「無」と書くのは誤りなので気をつけましょう。

【語源・由来】
「程子語録」より出典
『高才明智と雖(いえ)ども、見聞に膠(あやま)られ、酔生夢死して自ら覚(さと)らざるなり。』
すぐれた才能や知恵の持ち主でも、見聞した知識に惑わされて、酒に酔ったような夢を見ているようなありさまで一生を送って死んでしまい、それにすら気がつかないのである。

「酔」の旧字体は「醉」。

【類義語】
・無為徒食(むいとしょく)
・遊生夢死(ゆうせいむし)

【英語訳】
・Spend a lifetime, of doodling without do valuable things.
・Send the life to waste
・I live in a hazy feeling like a drunk and dreaming.

【スポンサーリンク】

酔生夢死(すいせいむし)の使い方

健太
今年ももうすぐ終わりだね。ともこちゃんの一年はどんな一年だった?
ともこ
私? どんなって普通の一年だったわ。大きな災害に遭うこともなく平穏で無事に過ごせたわ。健太君の一年は?
健太
僕は少しだけど去年より成長できた一年だったと思う。自分でそう思うことを大事にしたいんだ。酔生夢死の人生は送りたくないからね。
ともこ
健太君ってすごいのね。私もぼんやりしてないで、目標に向かって前進していこうっと!

酔生夢死(すいせいむし)の例文

  1. 親の遺産のおかげで大富豪と呼ばれた彼は、湯水のごとく金を使いまくり、酒におぼれ、自分の生きる目的を見つけられずに孤独な酔生夢死の生涯を終えた。
  2. 多忙に働いていると、酔生夢死のように生きてみたいという願望が生まれることがある。
  3. 夫は仕事に生きがいをもって取り組んでいましたし、家庭では良き父親でした。主人の人生は酔生夢死なんかではありません!
<妄想/森鴎外>より
漢学者の謂(い)う酔生夢死というような生涯を送ってしまうのが残念である。それを口惜しい、残念だと思うと同時に、適切に心の空虚を感ずる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事