内典外典【ないてんげてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
内典外典

【読み方】
ないてんげてん

「外典」を「がいてん」と読み誤らない。

【意味】
仏教で、仏教の書物とそれ以外の書物。書籍全般のこと。

仏教のことば。「典」は、書物・書籍。「内典」は、仏教関係の書籍で、仏典のこと。「外典」は、仏教以外の書籍で、もとはインドの外道の書籍をいったが、日本では主に儒教の書籍をさす。

【語源・由来】
『二教論』


内典外典(ないてんげてん)の使い方

健太
ともこちゃん。国会図書館に行こうよ。
ともこ
何でわざわざ。近所の図書館で良いじゃないの。
健太
あそこには、国内すべての内典外典が揃っているんだって。
ともこ
へえ。それはすごいわね。行ってみましょう。

内典外典(ないてんげてん)の例文

  1. 内典外典をたくさん読む健太くんは、いろんなことを知っています。
  2. ともこちゃんの家には、お父さんの趣味で数多くの内典外典があります。
  3. 内典外典が増えすぎたので、書庫を作ることにしました。
  4. ともこちゃんは、自宅の一室を開放して、内典外典を貸し出しています。
  5. 数ある内典外典の中の一冊が、健太くんの人生を変えることになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事