二枚看板 【にまいかんばん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
二枚看板

【読み方】
にまいかんばん

【意味】
たくさんの人から関心や、興味を集めることができる二人の代表的な人物のこと。または、そのようなもののこと。芝居などで中心となる、二人の出演者という意味から。「看板」は劇場などで劇の題目や出演者の名前を書いて、表に掲げる板のこと。


二枚看板(にまいかんばん)の使い方

健太
僕が大好きなアイドルがいる芸能事務所は、僕が大好きなアイドルとともこちゃんが大好きな歌手の二枚看板で成り立っているんだ。
ともこ
へえ。一緒な事務所だったのね。
健太
そうなんだよ。どっちも今、売れっ子だからね。事務所はうれしいだろうね。
ともこ
そうでしょうね。事務所のためではないけれども、これからも頑張ってほしいわよね。

二枚看板(にまいかんばん)の例文

  1. 当時の野球部には、強力な二枚看板が居たので、僕はレギュラーにはなれなかった。
  2. 先輩歌手と二枚看板でリサイタルをして、全国を回りました。
  3. この年中暖かい気候と自然豊かな南国風の景観が、沖縄観光産業の二枚看板です。
  4. 長嶋選手と王選手が「ON」コンビとして、巨人の二枚看板を背負うようになりました。
  5. ともこちゃんと健太くんと、二枚看板で劇場に出演しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事