如実知見【にょじつちけん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
如実知見

【読み方】
にょじつちけん

【意味】
仏語。現実をありのままに見抜くこと。


如実知見(にょじつちけん)の使い方

健太
ホームズのような見抜くことができる目があれば、如実知見できるかな。
ともこ
ホームズじゃなくても、経験を積めば、色眼鏡で見ることなく、如実知見することができるようになるわよ。
健太
あとどれくらい経験を積めばいいのかな。
ともこ
健太くんだと、あと20年ってところかしらね。

如実知見(にょじつちけん)の例文

  1. 膨大な情報に流されず、如実知見する能力が必要です。
  2. 価値観や思い込みを捨てて、如実知見することができるようになりたい。
  3. 如実知見すれば、恨みや憎しみが消え、心が楽になるという。
  4. 自分の解釈が苦しみを産んでしまうということを知り、健太くんは、如実知見するよう心がけている。
  5. 如実知見することで、知恵と穏やかな心を手に入れることができます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事