洽覧深識【こうらんしんしき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
洽覧深識

【読み方】
こうらんしんしき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
見聞が広く、知識が深く豊富であること。

【語源・由来】
『晋書』「束晢伝」より。「洽覧」は書物をあまねく見る。「深識」は知識が広く深いこと。

【類義語】
・博学洽聞(はくがくこうぶん)
・博聞多識(はくぶんたしき)
・博覧強識(はくらんきょうしき)

【スポンサーリンク】

洽覧深識(こうらんしんしき)の使い方

健太
ともこちゃん。学校の図書室で、今年度貸出冊数ナンバー1だったんだって?
ともこ
そうなの。まさか一位をとるとは思わなかったわ。
健太
ともこちゃんが洽覧深識な理由は、その膨大な読書量だったんだね。
ともこ
読書はいろんな世界を手軽に知ることができるから楽しいわよ。

洽覧深識(こうらんしんしき)の例文

  1. 健太くんは、毎朝5社の新聞に目を通すので、洽覧深識です。
  2. 先生は洽覧深識なので、どんな質問にも答えてくれます。
  3. 彼女は洽覧深識なのですが、読書からの知識というよりは、テレビからの知識が多いようです。
  4. ともこちゃんの家には書庫があるので、彼女は小さいころから書物に親しみ洽覧深識です。
  5. 洽覧深識な彼女は、適切なコメントが視聴者に受けて、今や引っ張りだこです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事