斎戒沐浴【さいかいもくよく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
斎戒沐浴

【読み方】
さいかいもくよく

【意味】
神仏に祈ったり、神聖な仕事をする前に、飲食や行動を慎んで、水を浴びて心身を清めること。

【語源・由来】
「斎戒(さいかい)」とは、神をまつるときなどに、心や体を清めること。物忌みをすること。
「沐浴(もくよく)」とは、髪の毛や体を洗って、清めること。

「沐浴斎戒(もくよくさいかい)」ともいう。

【類義語】
・精進潔斎(しょうじんけっさい)
・六根清浄(ろっこんしょうじょう)

【対義語】

【英語訳】
washing and purifying one’s body before praying or performing religious ceremonies.
performing one’s ablutions.

【スポンサーリンク】

斎戒沐浴(さいかいもくよく)の使い方

健太
お祭りの前に、水を浴びている人がいるのを見かけたけれど、なにか意味があるのかな。
ともこ
それは、斎戒沐浴をしていたのだと思うわ。
健太
肌寒い日だったけれど、水を浴びるなんて大変じゃないのかな。
ともこ
神聖な仕事をする前に、心と体を清めるために、とても大切なことなのよ。

斎戒沐浴(さいかいもくよく)の例文

  1. 彼は斎戒沐浴をしてから、出発したそうだ。きっと、よほどの覚悟をしていったということだろう。
  2. 神聖な仕事をする前には、斎戒沐浴をすることで、心身ともに清める必要がある。
  3. 斎戒沐浴をすることは、神仏に関わる仕事をするうえで、とても大切なことだ。
  4. 斎戒沐浴をしたあとには、とても清々しい気持ちになっていた。

まとめ

神仏に祈ったり神聖な仕事をしたりする前には、斎戒沐浴といって、飲食や行動を慎んで、水を浴びることで、心身ともに清める必要があります。
日常でも、日々の生活を見直すことで、心身ともに清らかに過ごすことを心掛けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事