虚静恬淡【きょせいてんたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
虚静恬淡

「虚静恬澹」とも、「虚静恬憺」とも書く。

【読み方】
きょせいてんたん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
私心や私欲が全くなく、心が落ち着いていること。

【語源・由来】
「荘子」天道より。「虚静」は心の中に不信や疑念などがなく、落ち着いていること。「恬淡」は私欲がなく、あっさりとしていること。

【類義語】
・雲烟過眼(うんえんかがん)
・虚無恬淡(きょむてんたん)
・無欲恬淡(むよくてんたん)


虚静恬淡(きょせいてんたん)の使い方

健太
ともこちゃんは、いつも虚静恬淡としていて子供っぽくないよね。
ともこ
そうなの。学校の先生にも、もっと子供らしくはしゃいだら?って言われるの。
健太
あまりにも虚静恬淡としている子供だから、逆に心配なんだろうね。
ともこ
虚静恬淡も個性だから、心配する必要はないと思うの。

虚静恬淡(きょせいてんたん)の例文

  1. 彼は、虚静恬淡としていて、感情を爆発させる瞬間を見たことがありません。
  2. 健太くんは、虚静恬淡としていて、ともこちゃんとの仲の良さをからかわれても平然としています。
  3. 普段は虚静恬淡の彼も、クモだけは苦手らしく、出現すると大騒ぎをします。
  4. ともこちゃんは、虚静恬淡としているので、裁判官として人を公正に裁きます。
  5. 彼女は、虚静恬淡としているので、特定の仲良しグループに所属することはありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事