温良篤厚【おんりょうとっこう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
温良篤厚

【読み方】
おんりょうとっこう

【意味】
優しくおだやかで、思いやりがあること。

【由来】
「温良」は優しくおだやかなこと。「篤厚」は思いやりがあることから。

【類義語】
・温柔敦厚(おんじゅうとんこう)
・篤実温厚(とくじつおんこう)
・温厚篤実(おんこうとくじつ)

【対義語】

【英語訳】
gentle and considerate

gentleは「優しい」という意味の形容詞。considerateは「思いやりがある」という意味の形容詞。
英文例
彼は温良篤厚な人だ。He is gentle and considerate person.
【スポンサーリンク】

温良篤厚(おんりょうとっこう)の使い方

ともこ
今度来た転校生、まだうちの学校に馴染めないようね
健太
そうだね、だからぼくが学校の中をあちこち案内してあげようかと思ってるんだ
ともこ
あら、ずいぶんと温良篤厚なのね。かわいい女の子だからかな?
健太
そんなんじゃないよ!ただ、なんだか放おっておけないだけだよ

温良篤厚(おんりょうとっこう)の例文

  1. 私の中学校時代の恩師は、とても温良篤厚な人だった。危うく非行の道に逸れそうだった私を、優しく、思いやりを持って粘り強く指導してくださったおかげで、今の私がある。
  2. 父はとても優しくて思いやりがあり、周囲からも家族からも尊敬されていた。こういう温良篤厚な人を父にもてて、私は幸せだ。
  3. 私の妻は、外見がとくに美しいわけではないのだが、とても温良篤厚で、その内面の美しさが魅力としてにじみ出ていたので結婚した。
  4. 彼は非常に温良篤厚な人で、一緒にいるととても安らぐ。きっといつか告白して、つきあうようになりたい。
  5. 私の姉があまりに温良篤厚なので、いつも私と比べられて嫌になっていた。それでも私は、姉のことが大好きだ。

まとめ

「温良」は優しくおだやかなこと、「篤厚」は思いやりがあることから、温良篤厚(おんりょうとっこう)は、優しくおだやかで、思いやりがあることを意味する言葉となりました。これは一種の人徳で、努力してそうなるのは中々難しいものではありますが、努めて温良篤厚(おんりょうとっこう)と言われるように振る舞いたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事