同文同軌【どうぶんどうき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
同文同軌

【読み方】
どうぶんどうき

「文を同じくし軌を同じくす」とも読む。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
天下が広く統一されたさま。

【語源・由来】
『中庸』「二八章」より。天下みな同じ文字を使い、同じ車を用いること。


同文同軌(どうぶんどうき)の使い方

ともこ
健太くん。夏休みの自由研究は何について調べることにしたの?
健太
今、戦国時代に興味があるから、自由研究は、同文同軌を成し遂げた武将について調べようと思っているんだ。
ともこ
へえ。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人ね。
健太
三人もいるのか。これは調べるのが大変そうだぞ。

同文同軌(どうぶんどうき)の例文

  1. 健太くんの野望は同文同軌、天下統一なんです。
  2. 戦国時代では、同文同軌を目指して多くの武将が戦い競い合いました。
  3. 古代中国で同文同軌を成し遂げた国は数多くあるけれども、最初に同文同軌したのは秦です。
  4. 明智光秀は、主君織田信長を射ち、同文同軌を成し遂げたわずか13日後に豊臣秀吉に敗れている詰めのあまい人として有名です。
  5. 天下泰平の世の中を築くために、同文同軌を目指し、兵を挙げる決意をかためました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事