温順篤実【おんじゅんとくじつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英文例)

スポンサーリンク

【四字熟語】
温順篤実

【読み方】
おんじゅんとくじつ

【意味】
穏やかでおとなしく、誠実で人情深いこと。

【由来】
「温順」はおとなしく素直なこと。「篤実」は人情深く、誠実で実直なことから。

【類義語】
・温厚質実(おんこうしつじつ)
・温厚篤実(おんこうとくじつ)
・温柔敦厚(おんじゅうとんこう)

【対義語】

【英語訳】
quiet and honest

quietは「おとなしい」という意味の形容詞。honestは「誠実な」という意味の形容詞。
英文例
私の夫は温順篤実だ。My husband is quiet and honest.
【スポンサーリンク】

温順篤実(おんじゅんとくじつ)の使い方

ともこ
健太くん、気になっている娘がいるんだって?うわさを聞いたわよ
健太
えええ!そんなことがうわさになっているの?
ともこ
温順篤実でとってもいい娘よ、わたしもおすすめできるわ
健太
ともこちゃんにおすすめされてもなあ、いや、ちょっといいなって思ってるだけなんだから!ほんとだよ!

温順篤実(おんじゅんとくじつ)の例文

  1. 私の夫は、小学校からずっと同級生で、その人となりに惹かれていたので結婚できてうれしい。結婚しても、変わらず温厚篤実で、いい人に巡り会えたと神様に感謝している。
  2. 僕は自分の考えを主張しないと気が済まないタイプで、よく他人と衝突するが、僕の親友は正反対の性格で、実に温厚篤実だ。だから、友達になれたのだろう。
  3. 私の会社の先輩は後輩の面倒見がとてもよく、物静かだが的確なアドバイスをしてくれる。こんな温厚篤実な人と一緒に働けるのはとても幸せなことだ。
  4. 彼女はとても温厚篤実な性格で、会えば会うほど彼女に惹かれていく。
  5. 私の母はとてもおとなしいのだが、人情に厚く、困った人のことを絶対に放おっておけない。こんな人のことを温厚篤実というのだろう。

まとめ

「温順」はおとなしく素直なことを、「篤実」は人情深く、誠実で実直なことから、温順篤実(おんじゅんとくじつ)は、穏やかでおとなしく、誠実で人情深いことを意味する言葉となりました。温順篤実(おんじゅんとくじつ)な人は、とても尊敬できます。人情に厚いというのは、とても良いことだと思います。私たちも、周囲の人に誠実に接するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事