往事渺茫【おうじびょうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
往事渺茫

【読み方】
おうじびょうぼう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
過去のことはぼうっとして、夢のように記憶が薄れてしまった。昔のことを振り返っていうことば。

【語源・由来】
「往事」は、過ぎ去った昔の事例。「渺茫」は、果てしなく遠いさま。遠くかすかなさま。
出典:白居易の詩より

【類義語】
・往事茫茫(おうじぼうぼう)

【英語訳】
memories of the past events (being、becoming) far and distant

英語例文
過ぎていった昔のこと。It is the old day that passed.

往事渺茫(おうじびょうぼう)の使い方

健太
ともこちゃんは帰国子女なんでしょ。
ともこ
そう、アメリカで隣に住んでいた子と、とっても仲良しだったんだ。でも往事渺茫でだんだん思いも薄れてきてしまっている。
健太
昔を思うと遠くて明らかでなくなっているよね。
ともこ
そうね。思い出深いものだけはしっかり残っているけど、忘れてしまっていることも多いね。

往事渺茫(おうじびょうぼう)の例文

  1. 多くの悩みや苦しみを抱えた人生であったが、往事渺茫として遠くかすかな思い出となった。
  2. 昔のことは果てしなく遠くなり、すべては夢のようだ。往事渺茫として半ばすべて夢に似たり。
  3. 当時のことで思い出話しにでてくるもの以外は、往事渺茫として明らかでなくなった。
  4. 往事渺茫であるが、夢としてでも覚えておきたいものがある。

まとめ

往事渺茫は、唐の詩人白居易(白楽天)の詩で、「過ぎ去った昔のことは遠くかすんでおぼろげである」との意味である。「往事渺茫すべて夢に似たり」友人と久しぶりに会ったが、語り尽くせないので作った詩ということである。この詩が知らされているのは平安時代に和漢朗詠集や源氏物語、謡曲に引用され、この詩を題材にした和歌も数多くつくられている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事