鬱肉漏脯【うつにくろうほ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鬱肉漏脯

【読み方】
うつにくろうほ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
一時しのぎのために、先の不利益や危険などをかえりみないこと。

【語源・由来】
「抱朴子」良規より。「鬱肉」は、腐った肉。「鬱」は、臭いなどがこもる。「漏」は、もれる。ここでは臭いがもれる。「脯」は、干した肉。ほしじし。腹をへらした者が一時しのぎに腐った肉や干し肉で急場をしのぐ意から。

【類義語】
・飲鴆止渇(いんちんしかつ)
・止渇飲鴆(しかついんちん)


鬱肉漏脯(うつにくろうほ)の使い方

ともこ
なんか、この教室、鬱肉漏脯のようなにおいがするわ。
健太
そう?あっ、忘れてた。給食のおかずでどうしても嫌いなものが出て、引き出しに隠したんだった。
ともこ
ええっ。幼稚園児じゃないんだから、鬱肉漏脯のようなその場しのぎの行動を取らないでよ。
健太
先週だよ。すごい状態になっていそうで怖くて見られないよ。

鬱肉漏脯(うつにくろうほ)の例文

  1. かわいい服だってことは認めるけれども、鬱肉漏脯、衝動買いをやめて貯金をしたほうが良いわよ。
  2. 時間がなかったからって、行きの分の電車賃しか持たずに出発するなんて、まったくもって鬱肉漏脯だよ。
  3. 下調べせずにとりあえず現地に行くなんて、鬱肉漏脯だねえ。
  4. 鬱肉漏脯、そんなことをしたらともこちゃんが怒るかもしれないって考えなかったの?
  5. 鬱肉漏脯、その場しのぎの嘘が彼の息子まで苦しめることになるなんて。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事