実践躬行【じっせんきゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
実践躬行

【読み方】
じっせんきゅうこう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自分自身の力で実際にすすんで行動してみること。

【語源・由来】
「実践」は実行すること。「躬」は自分でという意味で、「躬行」は自ら行うこと。「躬」はみずからという意味。口先だけではなく実行することが大切だという意味。

【類義語】
・躬行実践(きゅうこうじっせん)
・率先躬行(そっせんきゅうこう)
・率先垂範(そっせんすいはん)
・率先励行(そっせんれいこう)


実践躬行(じっせんきゅうこう)の使い方

健太
僕が空手部の部長になってから早三か月、誰も僕についてきてくれないんだ。
ともこ
実践躬行しないからよ。健太くんは口先ばかりだもの。
健太
なるほどー。僕が頑張る姿勢を見せることで、後輩たちがついてきてくれるんだね。
ともこ
そうよ。がんばって。

実践躬行(じっせんきゅうこう)の例文

  1. ともこちゃんはいつも実践躬行していたので、尊敬されていました。
  2. 健太くんはいつも口ばかり、実践躬行してみせてほしいよね。
  3. 父の実践躬行する姿勢を見て育ったので、私も口先だけの人間にはなりたくありません。
  4. 実践躬行しない健太くんにあれこれ言われたくありません。
  5. 彼の発言は、実践躬行が伴っているので、とても慕われています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事