蓮華往生【れんげおうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
蓮華往生

【読み方】
れんげおうじょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
死んで極楽浄土に行くこと。

【語源・由来】
「蓮華」は仏・菩薩の座、また釈迦の教化する世界のこと。


蓮華往生(れんげおうじょう)の使い方

健太
僕は最近、死んだあとの心配をしているんだ。蓮華往生を願っているんだけれども、何をすれば蓮華往生することができるのかな。
ともこ
熱心にお題目を唱えればいいのよ。
健太
そうすれば、生きている間の罪が許されて蓮華往生することができるの?
ともこ
健太くんの罪はどうかなー。嘘よ。お題目を唱えれば唱えるほど、許されて蓮華往生することができるわ。

蓮華往生(れんげおうじょう)の例文

  1. 自分が蓮華往生することができることを信じていたおじいちゃんの死に顔は、とても安らかなものでした。
  2. 死後、蓮華往生することを祈って、健太くんは心から改心し、念仏を唱えました。
  3. あれだけ愚行を繰り返した健太くんは、蓮華往生することはできないでしょう。
  4. 蓮華往生したいのなら、今からでも改宗して仏教徒になるといいですよ。
  5. ともこちゃんは蓮華往生するために、熱心に、毎日お経を唱えています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事