烈士徇名【れっしじゅんめい】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】
烈士徇名

【読み方】
れっしじゅんめい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
道理のとおった正しい行いをする人は名誉のために命をかける。利益や地位などで動かされることなく道理を押し通して名誉を守るということ。

【語源・由来】
『史記』「白夷伝」より。「烈士」は義理堅い正しい人。「徇」はあることのために一身を捧げること。

【対義語】
・貧夫徇財(たんぷじゅんざい)


烈士徇名(れっしじゅんめい)の使い方

健太
烈士徇名って武士のための言葉だよね。
ともこ
そうね。名誉を重んじて、名誉がけがされるよりは切腹しますって感じだもんね。
健太
僕は名誉より命だな。
ともこ
世が世なら、そのセリフだけで罪に問われるわよ。

烈士徇名(れっしじゅんめい)の例文

  1. 名誉じゃお腹はいっぱいにならないから、烈士徇名という考えは理解できないと健太くんが言った。
  2. 烈士徇名というように、正義のために身を削る戦いを続けました。
  3. 貪夫徇財な健太くんとは逆に、ともこちゃんは烈士徇名、名誉を重んじます。
  4. ともこちゃんは烈士徇名な人なので、名誉を傷つけるような行為はしないと思います。
  5. 健太くんは、どんなに貧しくても烈士徇名、道理にはずれたことはしない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事