琴瑟調和【きんしつちょうわ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
琴瑟調和

【読み方】
きんしつちょうわ

【意味】
琴と瑟の音が調和すること。夫婦・親子・兄弟・友人などの仲が良いことのたとえ。

「琴瑟」は、琴(五弦・七弦)と「瑟」(二十五弦)。「調和」「相和」は、音楽の調子を合わせること。

【語源・由来】
『詩経』「小雅・常棣」

【類義語】
・偕老同穴(かいろうどうけつ)
・形影一如(けいえいいちにょ)
・合歓綢繆(ごうかんちゅうびゅう)
・比翼連理(ひよくれんり)


琴瑟調和(きんしつちょうわ)の使い方

ともこ
健太くんのご両親は、いつ見ても琴瑟調和しているわよね。
健太
見ているこっちが恥ずかしくなるくらいの仲の良さだよ。
ともこ
喧嘩ばかりの夫婦よりいいわよ。
健太
そうだねー。

琴瑟調和(きんしつちょうわ)の例文

  1. 子は鎹というが、ともこちゃんの両親は琴瑟調和している。
  2. 琴瑟調和している家庭の子は、心が安定している子が多い。
  3. 隣の老夫婦は琴瑟調和していて、毎日寄り添うように散歩している。
  4. 琴瑟調和している理想の夫婦として有名だったのに、離婚するなんて驚きだ。
  5. 健太くんは、琴瑟調和している両親のような夫婦になりたいと思っている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事