伏竜鳳雛【ふくりょうほうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
伏竜鳳雛

【読み方】
ふくりょうほうすう

「ふくりゅうほうすう」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
才能がありながら、機会に恵まれず、実力を発揮できないでいる者のたとえ。また、まだ世間に知られずにいる優れた人物、将来が期待される有望な若者のたとえ。

【語源・由来】
「三国志」蜀書・諸葛亮伝・注より。「伏竜」は、水の中に隠れている竜。「鳳雛」は、鳳凰という想像上の鳥の雛ひな。「竜」も「鳳」も霊獣で、すぐれた人物のたとえ。

【類義語】
・臥竜鳳雛(がりょうほうすう)
・孔明臥竜(こうめいがりょう)


伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)の使い方

ともこ
健太くん。四月からは一つ上の学年に上がるんだから、もっとしっかりしなさいよ。
健太
しっかりしているよ。だけど、伏竜鳳雛、能力を発揮する機会に恵まれていないだけなんだよ。つまりまだ本気を出していないんだ。
ともこ
へえ。じゃあ、機会が巡ってくれば、健太くんの活躍を見ることが出来るってわけね。
健太
そうなんだよ。・・・多分ね。

伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)の例文

  1. こんなに企画力がある人が営業にいたなんて、伏竜鳳雛だ。
  2. 体育祭は、帰宅部で埋もれている伏竜鳳雛を見つけるチャンスです。
  3. 伏竜鳳雛、アイドルの原石を探すために、原宿ではなく地方を歩くことにしています。
  4. 伏龍鳳雛、頼っていたともこちゃんがいなくなり、健太くんは頭角を現し始めました。
  5. 伏龍鳳雛、天才がこんな間近にいたとは気が付かなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事