六菖十菊【りくしょうじゅうぎく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
六菖十菊

【読み方】
りくしょうじゅうぎく

「ろくしょうじゅうぎく」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
時期が過ぎて役に立たないことのたとえ。五月五日の端午の節句の翌日六日の菖蒲と、九月九日の重用の節句の翌日十日の菊。

【語源・由来】
・「菖」はしょうぶ。

【類義語】
・夏鑪冬扇(かろとうせん)


六菖十菊(りくしょうじゅうぎく)の使い方

健太
ともこちゃん。浮き輪がこんなに安くなっているよ。なんでかな?
ともこ
六菖十菊だからよ。お盆が過ぎて、もうだれも海で泳ごうとは思わないもの。
健太
なるほどー。だれも買わないなら僕が来年のために買っておこうかな。
ともこ
それはいいわね。

六菖十菊(りくしょうじゅうぎく)の例文

  1. バレンタインデーを過ぎてからチョコレートを渡したら六菖十菊かなあ。
  2. 七月八日に笹の葉を持ってきても六菖十菊だよ。
  3. 三月四日にひな人形を飾るなんて六菖十菊、三日に飾ってほしかったです。
  4. 二月四日に豆まきをしても、六菖十菊というように、もう鬼は家の中に住みついて手遅れなんじゃないかな。
  5. 12月26日にクリスマスツリーを用意しても、六菖十菊で、サンタさんはもうフィンランドに帰ってしまってプレゼントを届けに来てくれないよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事