竜騰虎闘【りょうとうことう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竜騰虎闘

【読み方】
りょうとうことう

「りゅうとうことう」とも読む。

【意味】
同じくらいの実力のもの同士が全力で戦うこと。

【語源・由来】
実力の拮抗している竜と虎が激しい戦いをするという意味から。

【類義語】
・竜虎相搏(りょうこそうはく)
・両虎相闘(りょうこそうとう)
・竜攘虎搏(りょうじょうこはく)
・竜戦虎争(りょうせんこそう)
・竜闘虎争(りょうとうこそう)


竜騰虎闘(りょうとうことう)の使い方

健太
ともこちゃんとお姉さんの姉妹喧嘩はきっとすごいんだろうね。
ともこ
ええ。竜騰虎闘、お互い譲らない、激しい舌戦が繰り広げられるわよ。
健太
二人とも優秀だもんね。録画して見て見たいよ。
ともこ
いやよ。いつも最後はお姉ちゃんの年の功に負けてしまうんだから。

竜騰虎闘(りょうとうことう)の例文

  1. 赤組と白組の力は拮抗し、竜騰虎闘の戦いとなりました。
  2. 竜騰虎闘の戦いになることが予想されるので、どちらが勝っても不思議ではありません。
  3. 二人の作家の作品がどちらも素晴らしく、竜騰虎闘、どちらに賞をあげるべきか決めることが出来ませんでした。
  4. 健太くんは、空手の決勝戦で竜騰虎闘の戦いをしました。
  5. 竜騰虎闘の戦いの結果、僅差でともこちゃんが生徒会長になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事