傭書自資【ようしょじし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
傭書自資

【読み方】
ようしょじし

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
文章を書いて生活の糧とすること。

【語源・由来】
『魏書』「劉芳伝」より。「傭書」は雇われて文書を書き写すこと。「自資」はみずから生計を立てること。

【類義語】
・筆耕硯田(ひっこうけんでん)


傭書自資(ようしょじし)の使い方

健太
将来、傭書自資生活をするにはどうすればいいのかな?
ともこ
図書館に通ってたくさんの本を読むとか、新聞を毎日読むとか、日々努力をしないとだめよね。
健太
やっぱりそうかあ。
ともこ
語彙が少ないと薄っぺらい本になるからね。ちなみに漢字検定のために四字熟語を覚えるのもいいわよ!

傭書自資(ようしょじし)の例文

  1. 印税だけで生きていくことができる傭書自資の生活を送りたいです。
  2. 芥川賞を受賞したニュースを見て、初めて健太くんが傭書自資の生活をしていると知りました。
  3. 出版不況の今、傭書自資の生活を送るのは難しい。
  4. 傭書自資の生活を送るために、思い切って会社を辞めました。
  5. 自分の書いた本がずらっと平置きされる日を夢見て、傭書自資の生活を送ることができるよう努力をしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事