流星光底【りゅうせいこうてい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
流星光底

【読み方】
りゅうせいこうてい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
勢いよく振り下ろす刀の光を流星にたとえていう。

【語源・由来】
頼山陽の詩より。「光底」は剣のきらめきの下。


流星光底(りゅうせいこうてい)の使い方

健太
ともこちゃん、昨日の夜の時代劇の最終回を見た?
ともこ
見たわよー。今最も話題のドラマの最終回なんだから見逃すわけがないじゃないの。
健太
主人公が流星光底に敵をばっさばっさと切り倒す姿はかっこよかったよね。
ともこ
もう最終回であの雄姿を見ることができないなんて悲しいわ。続編希望ってテレビ局にメールをしないといけないわ。

流星光底(りゅうせいこうてい)の例文

  1. 健太くんは、単身敵陣に乗り込み、流星光底に敵をなぎ倒していきました。
  2. 流星光底に切り倒し、一瞬で、彼の周りに立っているものは一人もいなくなりました。
  3. 流星光底に悪漢を一網打尽し、敵にさらわれていたともこ姫を救いました。
  4. 剣豪である健太くんは、流星光底にいかにも悪そうな人たちを切り倒してしまいました。
  5. 流星光底に敵を切り倒すともこちゃんは、男でもかなわない最強の女剣士として有名です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事