抱腹絶倒【ほうふくぜっとう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
抱腹絶倒

【読み方】
ほうふくぜっとう

【意味】
腹をかかえて、ひっくり返るほど大笑いすること。
余りのおもしろさに、腹をかかえて転げまわるほどに笑うこと。

【由来】
「抱腹」は腹を抱えて笑うこと。「絶倒」とは笑い転げること。
俗用から「抱腹」が慣用となったが本来は「捧腹」と書く。もちろん今でも捧腹絶倒で使い方は間違いではない。
『史記・日者伝』に「腹を捧えて大笑す」とあるのが由来。

【類義語】
呵呵大笑(かかたいしょう)
破顔大笑(はがんたいしょう)
捧腹大笑(ほうふくたいしょう)

【対義語】

【英語訳】
convulsive laughter
rolling around and laughing
very funny

例文 彼女は満座の人々を抱腹絶倒させた
She set the whole company roaring with laughter

例文 彼の傍若無人な行動には誰もが腹をたてている
Everybody is angry at hers his outrageous behavior


抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)の使い方

ともこ
昨日テレビでやっていた、お笑いチャンピオン見た?
1年に一回、お笑い芸人が総力を挙げてネタを披露していたね。
健太
見たよ!夜7時からやっていた特番だよね。
最初から最後までみちゃった!
ともこ
あのトップバッターの2人組、みた?
苦しいくらい抱腹絶倒しちゃった!
健太
あの最新のタクシー運転手ネタは本当に面白いね!
録画していたからまた家に帰ってみようっと!

抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)の例文

  1. このあとのシーンこそ、私がこの映画の中で最も抱腹絶倒した場面だ。
  2. あのお笑い芸人が回転するさまをごらんになったら、抱腹絶倒するでしょう。
  3. 周囲から抱腹絶倒されたり、あきれられたり、バカ扱いされたりします。
  4. 新しい芸人が現れ明朗な奇想天外のギャグには抱腹絶倒した
  5. 飲み会の席で若い連中を抱腹絶倒させることができた
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事