最後通牒【さいごつうちょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
最後通牒

【読み方】
さいごつうちょう

【意味】
これ以上は、もう話し合いの余地がないと、相手方に通告すること。

【語源・由来】
もともとの意味は、国際文書のひとつ。
外交交渉が不成立に終わりそうなときに、相手国に最後の要求を出して、それが受け入れられない場合には、自由行動を取ることを述べたもの。
「通牒(つうちょう)」とは、外交文書で通告すること。また、その文書のこと。

「最後通告(さいごつうこく)」と同じ意味。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
ultimatum.

【スポンサーリンク】

最後通牒(さいごつうちょう)の使い方

健太
もしも、この条件を受け入れてくれないなら、これから練習には参加できないと監督に伝えてきたんだ。
ともこ
今回の交渉は、みんな本気なのね。
健太
最後通牒を突きつけてきたよ。
ともこ
これからどうなってしまうのか、とても不安ね。

最後通牒(さいごつうちょう)の例文

  1. 何度話し合いを重ねても、どちらも一歩も譲らなかった。そこで、こちらが最後通牒を突きつけて、戦闘の準備にうつることになった。
  2. 彼女にとって、それは最後通牒だったのだろう。今気づいたところで、時間はもう戻らない。
  3. 最後通牒を送ってから、もう24時間が経過している。なんの返答もなければ、このまま攻撃を開始する。
  4. 最後通牒を突きつけて、彼は二度と姿を現すことはなかった。
  5. 最後通牒によって、要求は受け入れられた。しかし、契約が完了するまで油断はできない。

まとめ

最後通牒というように、これ以上交渉の余地がないことを、相手へ通告することで、強引な手段に出る場合があるのではないでしょうか。
交渉の余地がないからといって、強引に進めることは危険も伴うのではないでしょうか。
意見が食い違ったり、話し合いが難航したりすることもあるでしょう。
しかし、お互いの妥協点を探りながら、できれば話し合いで平和に解決をしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事