採菓汲水【さいかきっすい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
採菓汲水

「採菓」を「彩果」、「採花」とも書く。

【読み方】
さいかきっすい

「さいかぎっすい」、「菓を採り水を汲む」とも読む。

【意味】
厳しい仏道修行をすること。

【語源・由来】
「菓」は木の実のこと。仏に供えるために深山に入って、木の実をとり、花を摘み、水を汲むことから。

【典拠・出典】
法華経』「提婆達多品」


採菓汲水(さいかきっすい)の使い方

健太
兄さんが採菓汲水にたえて、立派な僧侶になって帰ってきたんだよ。
ともこ
へえ。健太くんに似て、ちゃらんぽらんだったあのお兄さんがね。
健太
採菓汲水のおかげで人が変わったように立派な人間になったよ。
ともこ
へえ。健太くんも採菓汲水をすればいいのに。

採菓汲水(さいかきっすい)の例文

  1. 採菓汲水で有名なあの寺は、採菓汲水に耐え切れず逃げ出す修行僧が多い。
  2. 山奥で採菓汲水に耐え、仏の道を極めました。
  3. こんな騒々しい都会では採菓汲水はできないといって、健太くんは修行の旅に出ました。
  4. 採菓汲水に耐えた健太くんは、以前はヒョロヒョロだったのに、たくましくなったようでした。
  5. つらいけれども採菓汲水に耐えて、悟りの境地に至りたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索